商品紹介

地元の原料を使った土・呉須・釉薬による、全て手描きの商品。
酔月窯独特の”藍呉須”と”鉄絵”のコントラストによる、シンプルながら飽きが来ない器です。
なかなか壊れない丈夫さも特長です。

 

丈夫で使いやすい酔月の「めしわん」。これじゃないとダメという人もけっこういるという話も。

 

カップ&ソーサー」には、伝統的なものから新しい柄までいろいろあります。

 

銘々皿」は酔月の得意分野の一つ。使いやすく飽きがこなくてとても丈夫。

 

酔月の「マグカップ」は種類いろいろ。取っ手もさまざまなパターンがあり、表情豊かです。

 

最近人気の「楕円鉢」。見てると何かを乗せたくなる。

 

酔月の「そばの器」は、そばとの相性ばっちり。有名なそば屋さんにも多数使われています。

 

小皿」は機能重視。種類もたくさん。

 

おしぼり立て」。スティックシュガー、スプーン立てでもOK!

 

メルヘン釉薬」は最近の酔月の作品です。とても柔らかい作風ですが、丈夫さは変わりません。

 

名入れ」はなんと柄の中に名前が入れられます。基本500円プラスで、オリジナルの器ができます。
贈り先の名前を入れたプレゼントにも、喜ばれること間違いなし。

 

作り手側も正確には何種類あるか分からない酔月の器(笑)。その一つ一つに歴史があり、その一つ一つに物語があります。